更新日: 2020年3月13日

BitMaxの特徴を解説!メリット・デメリットは??

BitMaxとは

BitMaxは2018年8月に提供され始めた仮想通貨取引所サービスです。取引マイニングの制度や2019年2月から始まったレバレッジ取引の導入によって、一気に注目が集まりました。日本の仮想通貨界隈では2019年になっても、未だマイナー取引所として扱われており、仮想通貨の高騰や流行に敏感なトレーダーばかりが登録している穴場取引所です。

↓↓↓↓↓↓↓↓まだ登録していない方はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

BitMaxのイメージ

しかし登録してお分かりしたと思いますが、BitMaxは日本語対応していないため、どんな取引所かパッと理解しにくくなっています。この記事ではそんなBitMaxのメリット・デメリットをまとめていきます。

取引できる通貨

BitMaxではビットコインペアで37種類の仮想通貨とトークン、イーサリアムペアで22種類の仮装通貨とトークン、USDⓈ(USDと連動している通貨の集まりをUSDⓈとしています。)ペアでは32種類の仮想通貨とトークンを取引することができます。国内で特に流通している仮想通貨は以下の6種類です。

  • BTC ビットコイン
  • ETH イーサリアム
  • ETC イーサリアムクラシック
  • LTC ライトコイン
  • XRP リップル
  • BCH ビットコインキャッシュ

BitMaxでは数種類のトークンを取引することができます。BitMax.io Native Token(通貨コード:BTMX)はBitMaxが発行しているトークンです。

BTMXは取引マイニングの配当として受け取れるほか、取引リバースマイニングで手数料として支払うことで手数料を受け取ることができます。

手数料・レバレッジ

BitMaxでは任意で3種類の手数料をかけることができます。

Maker Taker
通常取引 0.04 % 0.04 %
取引マイニング *0.1 % *0.1 %
取引リバースマイニング *-0.04 %

*取引マイニングと取引リバースマイニングは過去24時間のマイニングレートに基づいて10分ごとに0から1の範囲で変動する変数を掛け合わせた量が手数料になります。

また、BitMaxではビットコインを始めアルトコインやトークンに対してレバレッジ取引をすることができます。レバレッジは通貨ごとに最大倍率が変わり、最大10倍・5倍・3倍の3種類の倍率をかけられます。

最大倍率 通貨
×10 BTC・ETH・XRP・LTC・USDT・EOS・PAX・USDC・TRX・BNB
×5 BCH・ETC・NEO・ONT・BTT
×3 XLM・ZEC・BTMX

入金手数料は無料になっていますが、出金手数料は42種類の通貨とトークンに対してそれぞれ異なる手数料が生じます。以下の表をBitMaxの公式サイトから引用します。

出金手数料の表

  • Coin:通貨コード
  • Symbol Token:通貨名
  • Minimum Withdrawal:最低出金金額
  • Withdrawal Fee:出金手数料

メリット

取引マイニングができる

取引マイニングとは、トレーダーが手数料を支払うタイミングで取引所の独自トークンをマイニングし受け取ることができる取引方法です。実質トレーダーは手数料を大きく削減することができます。一方、取引所は独自トークンの取引によって流動性が増し、少ない手数料でも利益を出せるようになっています。

取引できる通貨が多い

国内の取引所に比べると海外の取引所は通貨数が多い傾向がありますが、BitMaxは国内でのメジャー通貨もしっかり補完しています。さらに期待値の高い草コインや人気の取引所トークンも抑えているので自分にあった通貨を見つけやすい取引所と言えます。

デメリット

取引所が日本語対応していない

現在(2019年3月27日)BitMaxは日本語対応していません。よって詳しく書かれているサイトも少ないため、詳しい取引方法を学ぶことが特に初心者には難しいと思われます。

まとめ

BitMaxの基本的な情報とメリット・デメリットについてまとめました。BitMaxは詳しくまとめているサイトも少なく取引所も日本語対応していないため、日本の人がとっつきにくい取引所かもしれません。ですがBitMaxは取引所出来高率がぶっちぎりで高く世界的に人気で人口が急増している取引所です。さらに独自トークンであるBTMXは発行されてまだ間も無く、2019年現在も24時間変動率が100%を超えることもあるほどなので目が離せません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓登録はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

BitMaxのイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。