更新日: 2020年3月15日

【仮想通貨の大事な技術】SegWitとは?

仮想通貨が世の中に浸透してきている今日ですが、ここまでにはたくさんの課題が存在し開発者たちが次々に改良し解決策を考えてきました。多くある課題の中の一つの解決策として考えられ、現在実装されているのが「SegWit」です。今回は「SegWit」がどんな問題のために作られたどんな技術なのかについて調べていきましょう!

SegWitはどんな問題を解決したのか

仮想通貨は新しい技術なために課題も未だ多く残っています。SegWitはその内の2つである「マイアビリティ問題」と「スケーラビリティ問題」に関与しています。まずはそれらがどんな問題なのかについて調べていきます。

マイアビリティ問題

取引段階において受信者や第三者がデータを改竄し故意に二重取引を発生させることができてしまう脆弱性についての問題です。具体的には、仮想通貨において送受信される処理データは、取引データと署名データに分けられます。その署名データの一部を改竄することで送信者に処理の失敗を知らせつつ受信者は取引を成立させることができてしまうのです。

スケーラビリティ問題

仮想通貨の普及により取引人口の増加に伴い処理データも増加しました。しかし処理データを保管するブロックの容量は1MBであったために、取引の処理データがブロックの容量を越してしまうという問題が発生しました。これが原因で取引処理の承認に遅延が生じてしまいました。

どのように解決したのか

SegWitは処理データを取引データと署名データに分割し、署名データを「Witness」という書き換えのできない保管場所へ、取引データをブロックへ、分けて保管する技術です。悪意のある改竄者はブロックの書き換えで署名データの書き換えができなくなりマイアビリティ問題を解決しました。同時にブロックへ保管する情報量が少なくなったのでスケーラビリティ問題も軽減しました。しかし、今後も仮想通貨のシェア率が上がり、人口が増加していけば再びスケーラビリティ問題が顕在化しまうため、抜本的な解決策とは言えないでしょう。さらにSegWitは一度導入すると撤廃ができないというデメリットがあります。そのため現在も「SegWit 2x」,「ハードフォーク」といった様々な案が討論されています。

まとめ

今回SegWitを導入することで、安全性や仮想通貨の取引承認速度が上がることがわかりました。仮想通貨のインフラ整備がどんどん完成されていけば、国や世界からももっと認められ、さらに世間からの注目度も上がりそうですね!そのためにも仮想通貨投資家一人一人がよく理解していくことが大切だと考えられます!

Logo引用:By Albert droCharlie LeeBushido – Segwit.coVertcoin.comLitecoin.orgLitecoin.com, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=58090736

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。