更新日: 2020年3月13日

bitbankの特徴を解説!メリット、デメリットは?

bitbankとは

bitbankは2014年5月に設立されたビットバンク株式会社によって提供されている仮想通貨取引所のサービスです。

現在ビットバンク株式会社は仮想通貨取引所としてbitbank.ccとbitbankTradeの二つのサービスを提供しています。bitbankTradeは仮想通貨FXができる取引所ですが2019年3月31日をもってサービスが終了します。

bitbank.ccは2o18年9月21日 CoinMarketCapでの調査で高い流動性と快適なトレードを評価され、全仮想通貨取引所の取引量が国内No.1となっています。さらに2018年10月3日 ICORatingでの調査ではオフラインのコールドウォレットやマルチシグによるハッキング対策が評価されセキュリティランク 国内No.1になりました。

bitbankの公式HPはこちら

取引できる通貨

  • BTC ビットコイン
  • ETH イーサリアム
  • XRP リップル
  • LTC ライトコイン
  • MONA モナコイン
  • BCH* ビットコイン キャッシュ

以上の6種類の仮想通貨を取引することができます。国内のメジャーな通貨をしっかり押さえられており、そのうち4種類を日本円ペアで取引することができます。

BitCashの通貨単位の表記

*bitbankではビットコインキャッシュの通貨単位をBCCと表記されています。現在ビットコネクトという通貨単位にBCCが使われているため、この記事ではあえてBCHと表記しました。

手数料・レバレッジ

bitbankでの仮想通貨の売買は全て取引所によって行われます。取引はメイカーとテイカーの2種類の取引によって成立します。市場の流動性に関わるため売買手数料が異なります。

通貨 メイカー テイカー
全通貨ペア – 0.02% 0.12%

メイカーでは注文を出し市場の流動性を作る取引のため、注文取引額の0.02%を手数料として受け取ることができます。一方テイカーは0.12%の手数料を支払うことになります。

また、bitbankでは入出金手数料が発生します。

通貨 入金手数料 出金手数料
日本円 無料 540 円/756 円(3万円以上)
BTC 0.001 BTC
ETH 0.005 ETH
XRP 0.15 XRP
LTC 0.001 LTC
MONA 0.001 MONA
BCH 0.001 BCH

入金手数料は一律無料になっています。他の取引所と同様に入金時の銀行による振込手数料は負担する必要があります。

さらに、bitbankは口座の開設手数料と維持手数料が無料であることが定義されています。

メリット

口座開設申し込みがスピーディ

口座申し込みはメールアドレスを登録し、氏名などの基本的な個人情報を入力するだけで申し込みが完了します。審査や書類発送は最短5日で行われ、取引を開始できます。

「貸して増やす」の充実したサービス

bitbankでは「仮想通貨を貸して増やす」というサービスが提供されています。このサービスではbitbankと仮想通貨貸借契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができます。1年間の満了期日を迎えると、募集月に貸出した仮想通貨に、所定の利用料を加算して返納されるというサービスです。bitbankで取引できる全通貨でサービスを利用することができます。

メイカーによるマイナス手数料

指値で取引することで手数料が入るのは大きなメリットです。現物取引でも取引数量が大きくなっていくと手数料が取られる場合、手数料によるマイナスが気になってきます。マイナス手数料の場合は逆に手数料が手に入るので取引量が多ければ多い分だけお得

ビットコインとアルトコインのペアが充実している

bitbankではLTC/BTC、ETH/BTC、MONA/BTC、BCH/BTCと4種類の通貨をビットコインとのペアで取引することができます。なので、他の取引販売所で保有しているビットコインやアルトコインを入金し取引することも可能です。現在はBTC-FX/USDペアの海外取引所での取引も主流になっているのでビットコインとのペアがあることでスムーズに取引をすることができます。

まだbitbankに登録していない方はこちら!!

デメリット

日本円ペアで取引できない通貨がある

日本円ペアで取引することができる通貨はBTC、XRP、MONA、BCH 4種類のみとなっており、他の国内取引販売所と比較すると少なくなっています。

特にETHは国内でよく使われる通貨ですが、日本円で直接取引できないため一度BTC/JPYで取引したのちにETH/BTCでETHを取引しなければいけないのがネックになります。

まとめ

今回、bitbank.ccについての説明をしました。bitbankはもともとbitbankTradeとして日本で最初の仮想通貨FXの取引ができるサービスを提供していました。bitbank.ccの人口増加と他の仮想通貨FX取引所が増えたことからbitbankTradeはサービスが終了しますが、国内No.1の取引量とセキュリティを勝ち取った実績を活かし、bitbank.ccはさらに人気が出ることが予想できます!

取引ではメイカー手数料が一律マイナスとなっていて、手数料を受け取ることができるのでチャートをしっかり分析して指値注文を出していければ大きく相場が動かない時でもしっかりと安定した利益を出せると思います!

販売所がないため初心者が通貨を購入するときは取引所の使い方で少し悩まれるかもしれません。ですが、基本的に販売所よりも取引所の方が格安で通貨を購入できるのでbitbankに登録して通貨トレードの方法をしっかり学ぶことが大切だと思います!

bitbank取引所に登録する方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。