2022年3月2日

コロナに感染してしまった引きこもりが思う「気をつけること」。

東京では新規感染者が1万人をこえてからはや2週間が経とうというところ。「まあ、引きこもりの僕には関係ないけどね。」そう思っていたらまさかのコロナに感染。さらに症状も結構キツく出ており、ここ数年で1番あっつい時間を過ごしたバレンタインになってしまいました。

ということで、コロナになってから色々調べてみると1万人を超えてから変わっていた政策や支援などがあったのでこちらの確認と「陽性かと思ったらどうする?」「お勧めのグッズ」などを共有しておこうと思います。

「僕が陽性と診断されるまで」「陽性かと思った時の対処方法」「陽性になってしまったら」「1週間分の食料支援」などのお話しをしていきます。

僕が陽性と診断されるまで

僕は1日に4人会話するかしないか程度の引きこもりです。同居家族、仕事仲間、近所のコンビニの店員さんしか直接話す人がいません。まずはそんな僕の陽性診断されるまでを書いていきます。

陽性診断された日(飛ばしてもいいです。)

2月の雪が降っている日に事務所で作業しているとなんか息苦しい気がし、自分の声に違和感を感じました。朝の段階では普段と変わらなかったので「寒いし体を冷やしすぎたか」程度にしか思わず少し休憩したら治るだろうと休憩していました。

事務所で寝っ転がっているとだんだん息苦しさが増してきたので「これはもしかすると”コロナ”なのか」と疑い出し。この後入っていた打ち合わせをキャンセルし最寄りの病院に電話で診察を受けたい旨を話すと外での診察ならとその日の予約が取れました。

時間になったので病院へ行き、雨よけはあるものの雪の中で診察を受け、鼻の中をぐりんぐりんされ涙を流しながら待っていると、先生から「陽性だった。薬局の人がお薬持ってくるからそのまま待ってて。」告げられました。お薬をもらった僕は家に毛布と着替え、タオルを取りに行きすぐさま事務所に戻りました。

陽性かと思った時の対処法

僕の場合は、近くの内科に「自分の健康状態(発熱の有無、喉の痛み、周りで陽性の人の有無、いつから症状が出たのか)」を電話で話した上で診察等を受けることができるのか聞いてみました。

これは間違っておらず診断できるところで診断してもらうという方針っぽいです。

医療機関連絡先

下記のリンクで相談・医療に関する情報や受診・相談センターの連絡先の一覧が載っていますので参考にしてください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

ちなみに僕が診断してもらった病院はこちらのリンクにありません。こちらに載ってなくても診断してくれる病院はあるので、まずは電話をしてみるといいかもしれません。

病院に行く時の注意事項

僕の言った病院では中に入ることができませんでした。こういうことが結構あるので暖かい格好で行きましょう。僕は事務所から直で言ったので薄着のまま30分くらい雪を眺めることになりました。

陽性になってしまったら

とりあえず家で安静にしておきましょう。僕は翌日から3日間は結構辛い日々を過ごしました(もしかしたら、風邪ひいてたかも)。

今はコロナになってしまう方が多く、保健所がまともに機能できていないのでまずは自分の家族、勤め先、近しい人に自分がコロナ感染したことを伝えましょう。

濃厚接触者の定義(2022.02.15)

※場所によって異なることがあります

この記事を書いている時の濃厚接触者の定義は以下の通りです。

発症2日前から入院等をした日までに、必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合

とこのようになっています。

保健所が調査をしてくださると思っていたのですが、現在はコロナになってしまう方が多く、保健所がまともに機能できていないらしいので該当する人に自分から知らせてあげましょう。

濃厚接触者は7日間の健康観察を行い、外出は避けましょう。

体調を報告する

陽性と診断されたら、翌日に保健所からSMSが来ました。コロナ陽性者の情報管理システムから連絡が来るのでそれ通りの操作をし、登録をしてください。一日ごとに体調を聞かれるようになるのでその都度体調の報告をしましょう。

1週間分の配食

上で書いたSMSが来たときに知ったのですが、東京都では配食のサービスを行なっておりSMSで送られてくるリンクから申請すると段ボール3箱分の飲料と食料を届けてくれます。

配食された段ボール画像

僕の場合は、申請を行なってから2日後に来ました。配達をする2,30分くらい前に電話が来るのでその指示にしたがってください。

しかし先ほどから言っているようにコロナ陽性者が急増していることからこちらの応募も殺到しているらしく少し時間がかかるらしいです。そんな時は通販やデリバリーなどを利用しましょう。

実を言うとUber Eatsなどのデリバリーは高いし利用する気がしなかったんですが、外に出るわけにも行けないし仕方ないと思ってやってみると意外とクーポンが多く店で食べるより安く済ませることができます。

menu

Menu:https://me.nu/fd45sv0

最初はmenu。上のURLからアプリをダウンロードすると2,500円分のクーポンがもらえます。また1週間くらいで対象店舗で使える700円クーポンも配信されることが多いです。

クレジット決済が可能で気軽に頼めるし、色々な店舗のクーポンが配信されるのが良いところ。

出前館

出前館:https://apps.apple.com/app/id405489166?mt=8

次に出前館。よくCMで見るアレです。こちらは招待すると貰えるクーポンはないんですが、会員ランクシステムがあり毎月決まった数を注文していくと翌月クーポンがもらえます。

クレジット決済以外にも豊富な決済方法があるのが良いところ。

Uber Eats

Uber Eats:https://ubereats.com/feed?promoCode=eats-fz9gs673yq

最もよく聞くUber Eatsです。こちらも上のURLからダウンロードすると1,500円分のクーポンがもらえるんでよければダウンロードして見てください。そして1ヶ月は手数料無料と結構お得といいところ。

コロナになってわかったありがたい商品

明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ

この商品がマジでよかった。僕の場合、咳が出て喉が痛かったのですが炎症している部分をやさしーく包み込んでくれる感じがしてめっちゃよかったです。先ほど紹介したmenuでも注文できるので一本買って見てください。

 

ポカリスウェット

続いてポカリスウェットです。まあ言わなくてもここら辺は買いそうですし、なんなら配食の中に似たようなスポーツドリンクが入ってます。

 

まとめ

今回は引きこもりの僕がコロナになってわかった「気をつけること」や「おすすめのサービス、商品」について紹介しました。

みなさんもコロナには気をつけましょう。。。。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。