「ウマズラハギのお刺身、肝醤油・極め付け辛口 」酒と料理が好きな引きこもりが作るおつまみ#2

136views

※この記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

どうもこんばんは。普段は引きこもりながらデザインのお仕事をしているZionです。

前回の「引きこもりが作るおつまみ」から2週間も経ってない更新になります。やはり酒と料理には手を抜かないらしいですね。

今回も閉店寸前に駆け込んだスーパー。何かないかと探していたらウマズラハギというお魚が半額になっていたので、極め付け辛口といういかにも僕が好きそうな名前をしている酒と楽しんでいこうと思います。

ウマズラハギの刺身、肝醤油

またもやこんな簡単なのレシピいらんくねと思いながらも一応書いていきます。

レシピ

ウマズラハギ
1匹
醤油
適量
500ml

ということでお刺身なので魚と醤油しか使いません。

ハギ系は肝が美味しいお魚が多いですが、ウマズラハギに似たソウシハギという肝にフグ毒より強いパリトキシンという毒を持った種類もいるので注意。Twitterで肝醤油にして食べようとしてたところリプで毒があることをしり助かった人の話は結構有名ですね。

下処理・調理

では初めて行きましょう。下のものが半額になっていたウマズラハギさんです。頭の上の棘は元々取られていたので、取られてない場合は気をつけて落としましょう。

半額になったウマズラハギ299円加熱用

40cmないくらいのちょっと大きめのウマズラさんです。そしてこの時は気がついていないのですが、食べた後に衝撃の事実に気がつきます。

口に切り込みが入れられたウマズラハギ

口のとんがってる部分に思いっきり包丁を入れて落とし、皮を剥ぐためのとっかかりを作ります。ベリベリっと剥がすことができるので全部の皮を剥きます。

皮がめくれているウマズラハギ

下の画像が皮を剥いだ後のウマズラハギになります。皮ありは茶色くて美味しくなさそうでしたけどここまできたら美味しそうですね。。

頭の上の方に切り込みを入れ太い骨を切ります。棘があったところより背中側じゃないと包丁が入らないです。

下の画像のように切り込みを入れた部分に指を入れ腹側の方に引きちぎります。

では頭の処理をしていきます。下の画像のように頭側に内臓がついてきます。クリーム色をしている肝の部分以外は取り除きます。

ウマズラハギの内臓

肝は下の画像のように繋がっている部分を指で剥がしてあげればすぐ取れます。

ウマズラハギの肝の繋がっている部分

血管など目にみえる部分を適当にはがしましょう。沸騰させた鍋に肝を入れ火を止めます。大体2分くらい湯掻きます。できたら水に上げて待機させておきましょう。

沸騰したオフに肝を入れる

お刺身とは関係ないですけど頭の処理もします。ほっぺたのところにエラが入ってるので包丁を入れます。

口側の方に包丁を通し口を開きます。すると下のようにエラが露出するので口側と目側の両方の付け根を切ります。

これで頭の処理が終わりました。

続いて身側の処理をしていきます。身の内臓が入ってたところには血あいが残っているのでこれを水で流しながら取ります。

三枚におろします。ハギは邪魔なところに固い骨?があるのでめっちゃミスっちゃいました。

下の赤いところに血合い骨と腹骨があるので取り除きながら柵どりします。

刺身で食べる場合は薄皮も引いておきましょう。あとは一口台に切って盛るだけです!

引いた薄皮は肝の時と同じように湯通しすると美味しく食べれます。

いただく

完成したものがこちら。冷蔵庫に入っていたイカと漬けておいたマグロも添えときました。

お刺身・肝醤油

ということで頂きましょう。なんか水っぽくて自分が知っているウマズラハギとはだいぶ違う身質。うーん。なんか変だぞ。

肝と一緒に食べる。美味しいけどもやはりなんか違うぞ?普段とは違ってあん肝みたいな独特の風味がある。

ここでゴミ箱に捨てた容器を確認してみると

まさかの「加熱用」!肝は熱を通してるし、まあ大丈夫だろうとは思いつつも残りは熱を加えてからいただきました。まあ脂身の少ない白身の魚って感じの味です。

ちなみにイカとマグロすごい美味しかったので今度おつまみで紹介するかもしれません。

日本酒「田村酒造 極め付け辛口」

名前に惹かれたのと価格が1000円だったので買ってみました。嘉泉は試したことがあったけど今回はどうなのでしょうか。

常温、冷で飲んでみました。すっきりとしていて飲みやすかったです。辛口ではありますが、そこそこくらい。1000円だったらありなのかな、、?

田村酒造場 清酒 嘉泉 極め付け辛口

名前からして辛口そうな日本酒。思ったよりは辛口ではなくサラリ・スッキリした酒。
アルコール度数:15.0~16.0%未満、酸度:1.5、日本酒度:+13.0~15.0、材料米:あけぼの、精米歩合:70%、使用酵母:

Amazonでは300mlが500円で売ってたので気になった方はぜひ試してみてください。

番外

もう半身は朝ごはんとしてアルミホイルに包んでバター、酒、醤油、塩胡椒、を入れて食べました。これまた美味しいですよ。骨はお吸い物にしました。

まとめ

今回はまさかの加熱用ウマズラハギを生でいただきました。半身の1/3くらい食べてしまっていたのですが、お腹を壊すことはなかったです!ただ、味はなんか変だったので皆様は美味しいお刺身用を生で食べましょう。

カテゴリー