更新日: 2020年3月15日

【業界初】生体認証付きカード型ウォレットUKey Card【予約販売中】

2019年4月から再び盛り上がりを見せている暗号資産(仮想通貨)。世の中への浸透とともに取引所の不正アクセスなどの流出が懸念され、コールドウォレットの1つであるハードウェアウォレットの需要が高まっています

↓↓↓↓ハードウェアウォレットについてはこちら↓↓↓↓

ハードウェアウォレットって何?他のウォレットと何が違うの?

ハードウェアウォレットの中にも色々な種類のウォレットが開発・研究されています。そんな中、「ユーザーがシームレスかつ安全に仮想通貨を自身の生活に取り入れられるようにする」ことを掲げているUnikeys社が新しいカード型ウォレット【UKey Card】を開発し、2019年5月から予約購入が開始されました。

この記事ではUKeyカードの機能や性能、発売日など詳しい情報をご紹介します!

従来のハードウェアウォレットの定義をも覆す機能

UKeyは現在暗号資産界で流通しているハードウェアウォレットの機能を備えているのはもちろん、さらに安全かつ使いやすさを兼ね備える新しい機能も持ち合わせています。

ごまが宇宙空間に漂っている画像

業界初の指紋認証機能

従来のウォレットはデータ復旧や本人認証には自分で設定したパスワードやパスコードに依存していました。UKeyカードではさらにカード単体で機能する指紋認証センサーを実装しています。これによりさらにセキュリティの高い3段階認証を実現しています。

2段階認証から3段階認証へ

  1. 自分が持っているものである:UKeyカードを持っている
  2. 自分が知っているもの:PINコードがわかる
  3. 自分である指紋によって認証できる

下で指紋認証機能のさらに詳しい説明をします!

デバイス紛失でも復帰可能なリカバリー機能

セキュリティは「誰かから盗まれない」というだけでは足りません。万が一UKeyカードを紛失したときや破損したとき、自分の資産がなくなってしまうのではウォレット保有に不安が残りますよね。

暗号資産ウォレットは基本的に紛失した時のためにバックアップパスワードがあります。UKeyカードにももちろん他のハードウェアウォレット同様、24フレーズからなるバックアップパスワードを入力することで復帰することができます。

バックアップパスワード

バックアップパスワードはウォレットがあなたのものであると証明するための最重要なパスワードです。
いかに優秀なウォレットだとしてもあらゆるウォレットは復帰するためのバックアップコードを他人に流出してしまえば資産は自分のものではなくなってしまいます。必ず絶対に他人がアクセスできず、かつ絶対に無くさないようにしてください。

コンパクトで使いやすい、カード型ウォレット

UKeyカード4種

Unikeys社は今後世界中で暗号資産決済が浸透することを見越し、キャッシング機能も備えています。そのためUKeyは、財布にも入るクレジットカードやキャッシュカードと同じサイズのカード型ウォレットです。

カード型ウォレットは現在いくつか開発されていますが、UKeyは上記した通り指紋認証機能があるので他のウォレットより安全なセキュリティの高さと言えるかもしれません。

あらゆるスマホやタブレットに対応している高性能アプリ

UKeyアプリ

UKeyカードは専用のスマホアプリ(UKeyApp)と連携することで保有している通貨を取引することができます。UKeyAppはUKeyカードを購入後パッケージからダウンロードすることができ、iOSとAndroidの両方のあらゆる端末に対応しています。

UKeyAppは販売時点ではBTC,ETH,XRP,LTC,BCHに対応すると発表されています。Unikeys社はさらに開発を続け対応通貨を増やしていると発表しています。アプリで対応している通貨はリアルタイムで価格を確認することができます。さらに通貨の保有数とトランザクション履歴もアプリ上で確認することができます。

UKeyの独自技術【指紋認証機能】

UKeyの指紋認証機能

UKeyカードは本体・パスコード・指紋の3つの認証システムでトランザクションをすることができます。指紋はカード自体に保存されるため、万が一、スマホがハッキングされたり盗まれたりした場合でもカードで指紋認証しないとトランザクションが開始されないというセキュリティの高さが確保されています。

指紋は2つ登録することができます。

UKeyカードのトランザクション方法

UKeyカードに保有している通貨をトランザクションするためには提供されるUKeyAppとカードを連携する必要があります。
UKeyでのトランザクション画面
トランザクションはUKeyAppを起動し、UKeyカードと連携した後、アプリで送金先の入金キーを読み取り、アプリでパスコードを入力します。最後にカードで指紋認証すればトランザクションが開始されます。

トランザクションには0.75%の手数料が発生します。

まとめ

今回は2019年5月に販売予約が開始されたUKeyカードを紹介しました。Unikeys社は個人と企業向けの2種類のカードを開発しています。今回購入できるUKeyカードは個人向けのカードで発送は2019年11月と発表されています。

Unikeys社は2027年までにカード型ウォレットの売り上げが現在の4倍ほどになると予想していて、暗号資産の盛り上がりを見てもウォレットの需要は高まると考えられます。他にも様々なウォレットが開発されていますので自分にあうウォレットを探してみてはいかがでしょうか!

公式HPはこちら

人気なLedgerウォレットシリーズの比較も合わせてご覧ください!

結局【Ledger Nano S】と【Ledger Nano X】どっちを選べばいいんだ!?違いを解説していくぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。